コラム

009.秋の夜長に

sc1609秋の夜長窓枠.jpg

あんなにうるさかったセミの声がぱったりと止み、
庭や道ばたの草むらから、リリリリリ・・・、チンチンチン・・・と、
虫の音が聞こえるようになりました。

日中はまだ夏のような暑さでも、
朝晩は涼しくなり、日が暮れるのも早くなって、
季節が確実に秋へと変わっていくのがわかります。

まだ明るい夕方、庭に出ると、
チンチンチン・・・と一定のリズムを刻むカネタタキの音。
どこからか、ギィーッ・・・チョンという独特の響きの
キリギリスの音も聞こえます。

そして、日がとっぷりと暮れれば、虫たちの大合唱の時間。
テレビもパソコンもオフにして、そっと窓を開けると、
リンリンリーンと響きわたる虫たちの声が、室内に流れこんできます。

009-2枚目.jpg

リリリリリリ、コロコロコロ、と大きな声で鳴くのはコオロギ。
チッ、チリリと可愛らしく鳴いているのは、マツムシでしょか。
高く透んだ音色で、リーン、リーンと響くのは、
音を愛でるために壺で飼われることもある、あのスズムシです。

虫たちが、羽をふるわせて美しい音を出すのは、
繁殖のための求愛行動なのだとか。
ほとんどの場合、オスがメスを呼ぶために鳴くといいます。

鳥のオスが美しい羽で着飾って、メスを惹きつけるように、
虫たちは、音の響きで、相手を探しているのでしょう。
そう思うと、賑やかな虫のオーケストラも、
恋心を高らかに歌い上げるアリアや、
ちょっと切ないラブソングに聞こえてきます。

これからの季節、秋の夜長を過ごすのに、
虫の音に耳を傾けてみるのもいいですね。
たとえ小さな庭や、ちょっとした植え込みであっても、
植物が生育していれば、きっと虫たちが鳴いています。

いつもの音のあふれる日常から離れて、
読書や手仕事をしながら、
あるいは、明かりを落とし、早めに寝床につき、
窓を開けて、耳を澄ませてみましょう。

涼しい夜風を感じながら、虫の音を聴いていると、
響きわたる虫たちのラブソングが、眠りへと誘ってくれます。


...soraiでは、お客様の「暮らしに寄りそう家」を、ご提案しています。
日々の暮らしのなかで楽しみたいことを、ぜひお聞かせください。
それを実現する家づくりを、一緒に考えていきましょう。