コラム

012.サンタクロースを待つ日

santa1.jpg

街にクリスマスソングが流れ始めると、みんなそわそわし始めます。
子供たちにとっては、楽しいクリスマスシーズンの到来。
大人は、いそがしい12月(師走)に入り、少し慌てているかもしれません。

サンタクロースにプレゼントをもらったのは、
いくつの頃までだったでしょう。
絵本に出てくるサンタさんは、ほとんど煙突から入ってくるので、
煙突のない家では、どこからやって来るのか不思議でした。

サンタクロースを一目見ようと、がんばって起きていても、
いつの間にか、眠ってしまいます。
朝、目が覚めたら、枕元にプレゼントが置いてあって、
うれしいけれど、会えなかったことが残念でした。

写真のサンタさんは、ドイツでつくられた木工品。
手のひらにのるくらいの、小さな木のおもちゃですが、
ひとつひとつ手作りされていて、あたたかみを感じます。

たくさんプレゼントを載せたそりを、自分で曳いて、
これから、どこの家へ向かうのでしょう。
とぼけたような表情や、ちょっと前かがみの姿勢に、思わず笑みがこぼれます。

wax2.jpg

そしてこちらは、とても精巧につくられた、
広場で歌う聖歌隊のミニチュア・キャンドルスタンド。
ドイツの小さな町のクリスマスの様子が、伝わってきます。

キリスト教徒でなくても、クリスマスを待ち遠しく思うのは、
ごちそうを囲んで過ごす、家族だんらんの時や、
誰かのことを思って選ぶ、クリスマス・プレゼントなど、
そこに、あたたかな時間が流れているからかもしれません。

家々を訪ねてプレゼントを配る、サンタクロースのお話にも、
子供たちを思う、やさしい気持ちがあふれています。

たとえ姿は見えなくても、自分のことを思ってくれる存在。
そんな、サンタクロースの気配を感じて、
子供たちは、幸せな気持ちになるのでしょう。

サンタクロースを待つ日は、どきどきワクワクします。
もしかしたら、大人になってしまった人のところにも、
サンタクロースは、やってきているのかもしれません。
目には見えない幸せを、そっと置いて...。


......soraiでは、お客様の"暮らしに寄り添う家"を提案しています。
あたたかみのある木や自然素材など、ご希望に合わせた仕様と、
暮らしに合わせた間取りが可能です。どうぞ、ご相談ください。

また、おもちゃと絵本の店「ウーフ」(http://www.u-hu.net/ )では、
ここで紹介したクリスマス雑貨など、木のおもちゃを扱っています。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

おもちゃと絵本の店「ウーフ」/香川県丸亀市土器町西5-88
TEL. 0877-24-4667