コラム

013.冬の楽しみ

fuyu1.jpg


新しい年が始まりました。
大掃除をしてきれいになった家に、お正月飾りをつけ、
カレンダーの最初のページをめくると、
これから、新しい一歩を踏み出していく気がしますね。

親類や友人、家族と、にぎやかにお正月を過ごした人もいれば、
喧騒から離れて、静かに元旦を迎えた人もいるでしょう。
みなさんにとって、どうぞよい年でありますように。

季節を表す暦では、一年でいちばん昼の短い「冬至」が過ぎ、
夜明けが、少しずつ早くなってきました。
早朝のしんと冷えた空気のなか、東の空が明るくなって、
ピンク色やオレンジ色に染まるのを見ると、
今日一日が祝福されているようで、うれしくなります。

冬の寒さは、「小寒」「大寒」と続くこれからが本番。
休日はつい、あたたかな室内で過ごしたくなりますが、
穏やかな冬晴れの日は、外歩きも楽しいものです。

ため池や雑木林の多い香川では、
冬の散歩は、いろんな生き物に出会えるチャンス。
池には、北からやってきた渡り鳥のカモ類がいて、
水面をすべるように移動していく姿が見られます。
空を見上げると、魚を狙う大きな猛禽類、
トビやミサゴが、悠々と飛んでいることも。

雑木林では、木々の葉がすっかり落ちているので
枝から枝へ飛び移る小鳥たちも、よく見えます。
ツーツーピー、ツツピーと可愛らしく鳴く、ヤマガラやシジュウカラ。
白い体に黒い羽、ほのかにピンク色が混じる小鳥は、エナガです。


fuyu2.jpg


枯れ残ったススキの穂が、風に揺れるそばでは、
気の早いタンポポが、花を咲かせています。
黄色い花を見ると、春が来たように思うのはなぜでしょう。
明るい色が、太陽を思わせるからかもしれません。

バケツの水が凍るような寒い朝でも、
太陽が昇ると、空気がどんどん暖まっていき、
日の光のありがたさを感じます。
地球も、その上で生きている私たちも、
太陽なしには存在しえないことを、思い出します。

さっきまでは、身を切るように寒かった冷気も、
いつのまにか、あたたかくなってきました。
太陽の光を浴びて、気持ちよさそうにしている
生き物たちを眺めに、散歩に出かけてみませんか。

......soraiでは、お客様の"暮らしに寄り添う家"をご提案しています。
あたたかみのある木や自然素材を中心に、ご希望に合わせた仕様と設計が可能です。
どうぞ、お気軽にご相談ください。