コラム

014.窓辺でお茶を

tea1.jpg
家事や仕事の合間に、ちょっと手を休めて、
ひと息つきたいとき。
一杯のお茶があると、ほっとします。

それがコーヒーであっても、紅茶であっても、
お茶の時間は、幸せな時間。
誰かと一緒に、おしゃべりを楽しむお茶もよいですが、
ひとりで、ゆっくりと飲むお茶もよいものです。

英国気分を味わうなら、美しいルビーレッドの紅茶を。
香り高いダージリンや、色のきれいなキャンディなど、
産地ごとにさまざまな香りや色が楽しめます。

カフェインやカテキンがたっぷりの緑茶は、
シャキッとしたいときに、ぴったり。
高級緑茶でなくても、茶葉にあった温度の湯で入れて、
最後の一滴まできれいに出せば、おいしいお茶が飲めます。

時間があれば、ハンドドリップでコーヒーを淹れるのもいいですね。
部屋中に、いい香りが立ち込めて、
飲む前から、コーヒーのアロマでリラックスできます。

ゆっくりお茶を入れる時間がないときは、
ティーバッグやインスタントが大活躍。
マグカップで入れて、好きな場所に座るだけで、
すぐにお茶の時間になります。

tea2.jpg

気分を変えるには、視線を変えるのがいちばん。
だから、おすすめは、窓辺で飲むお茶です。

キッチンで立ち仕事をしているなら、
窓辺にスツールを置いて、ちょっと腰かけてお茶を。
デスクワークをしているなら、
立ち上がって、外を眺められる場所でお茶を。

景色のよい、眺めのよい窓があれば、最高ですが、
そばに隣家があるような場所でも、
窓の外に植物や花を植えれば、そこが、
ほっとできる、心癒される空間になります。

これから家を建てるなら、
お茶を飲むための窓辺に、飾り棚を兼ねた
小さな木のカウンターをつくるのも、いいかもしれませんね。

ひとりでくつろげる、お気に入りの場所が
家のなかにあるのは、とても幸せなこと。
広い場所を、わざわざ探す必要はありません。
窓辺に行って、お茶を飲めば、
そこがきっと、お気に入りの場所になります。


......soraiでは、お客様の"暮らしに寄り添う家"をご提案しています。
あたたかみのある木や自然素材を中心に、ご希望に合わせた仕様と設計が可能です。
どうぞ、お気軽にご相談ください。