コラム

彼岸花と秋祭り

higanbana.jpg

稲穂が実って首を垂れる頃になると、
田んぼの畔に、目の覚めるような朱赤の花が開きます。
長いおしべが優美な、ヒガンバナ(彼岸花)です。

この花の咲くのが、突然に思われるのは、
何もないところに、ある日、いくつも
黄緑色のアスパラガスのような茎が出てきて、
あっという間に伸び、大輪の花を咲かせるから。

茎の上では、小花が放射状に並び、
おしべまで入れると直径は15㎝を超えます。
それがいっせいに咲きそろうのですから、
遠くからでも目を引き、みごとというほかありません。

近所の田んぼでは、以前は、この花が咲く頃に、
ちょうど稲刈りをしていたものです。
最近は、育てる品種が、香川県の新しいお米
「おいでまい」になったようで、稲刈りが少し遅くなりました。
品種によって、稲が実る時期も違うんですね。


田んぼがある風景は、日本の原風景だなあと思います。
初夏に代掻きをして、田んぼに水が入ると、
水田は空や太陽を映して、鏡のようになります。

田植えのときには、ひょろひょろと細かった苗が、
梅雨の間に、すくすくと伸び、夏には風に青葉を揺らすほどに。
そして涼しくなるにつれ、稲穂が大きく膨らみ、
収穫を迎える頃には、田んぼ全体が、黄金色に輝くのです。

inaho.jpg

「実りの秋」と呼ぶのは、きっと
私たちの主食である、お米が実るからなのでしょうね。

この時期、収穫を感謝して、神社では祭りが奉納されます。
私の住んでいるところでは、秋祭りは子供たちが主役。
家々を周り、コンコン、チキチ...という鉦の音に合わせて、
子どもたちが獅子舞を披露してくれます。

隣の集落では、子どもたちが小さな神輿を担いで、
家々を回っているのを見かけました。
こちらも、お囃子は鉦の音ですが、
リズムが異なっていて、集落ごとの個性を感じます。

秋祭りが近づいてくると、日が暮れた頃、
虫の音に混じって、遠くから鉦の音が聞こえてきます。
子どもたちが、獅子舞の練習をしているのです。
この音を聞くと、今年も秋がきたなあと思います。

稲穂が実り、収穫を迎えるこの季節、
きっと日本全国の集落で、人が集まり、
神社に奉納する秋祭りを、行っていることでしょう。
自然の恵みに感謝して、おいしい新米をいただきたいですね。


......soraiでは、お客様の"暮らしに寄り添う家"をご提案しています。
あたたかみのある木や自然素材を中心に、ご希望に合わせた仕様と設計が可能です。
どうぞ、お気軽にご相談ください。