コラム

サクランボの花

1.jpg
まだ寒い日の多い2月終わりごろ、
庭に出ると、重みのある甘い香りが漂ってきます。
ちょっとエキゾチックな沈丁花の花。
春の訪れが近いことを教えてくれる、花のひとつです。

木の葉が色づくのを見て、秋の訪れを知り、
枯れ木になった山を見て、冬を感じるように、
春は、つぎつぎと咲いていく花が、
新しい季節の到来を教えてくれますね。

住宅地や民家のそばを通ったとき、いちばん目を引くのは、
白く大きな花を咲かせるモクレンです。
春の薄水色の空に、高く大きな枝をのばし、
陽光を浴びて輝く、モクレンの力強い花を見ると、
ああ、春が来たなあと思います。

そして同じころ、庭では、桜の開花宣言より一足早く、
サクランボの花が、満開を迎えます。
長いおしべがあでやかで、すっきりとした花びらの、
淡い白色のサクラの花です。

このサクランボの木は、小学校に入学したとき、
両親が植えてくれたもの。
数十年の歳月が過ぎ、一度は枯れかけて伐ったのですが、
残った幹から枝が出て、また花を咲かせるようになりました。

sakuranbo2 .jpg

庭の植栽を考えるとき、最初に考えるのは、
たぶん、中心になる木を何にするかでしょう。
何十年と住み続けていく家ですから、
庭の木も、いっしょに育ち、大きくなっていきます。

秋の紅葉をめでるため、モミジやカエデ類を選ぶ人もいるでしょうし、
春の花を楽しもうと、ハナミズキやサクラにする人もいるでしょう。
夏に涼しげな木陰が欲しいからと、葉の形が美しく、
大きく育つ木を望む人もいるかもしれません。

木を植えると、落ち葉を掃除したり、
大きくなった枝を剪定したりする手間がかかります。
けれど、部屋から外を眺めたときや、庭に出たとき、
樹木を見てリラックスできる喜びは、代えがたいものです。

葉っぱに虫もやってきますが、
あまり害にならないようなら、少し大目に見てくださいね。
ミツバチのように、受粉を助けてくれたり、
ハチミツをつくってくれたりする虫もいます。

庭でサクランボの花が咲く頃になると、
いつミツバチがやってきてくるかと、そわそわします。
年々、ミツバチの数が減ってきているようで、
少し心配ですが、昨年は初めてマルハナバチを見かけました。

ふわふわの毛につつまれた丸い体で、
一生懸命に蜜を集めている姿は、とても可愛らしく、
マルハナバチを主人公にした絵本があるのも納得。
こんな発見ができるのも、庭に木があればこそ、と思うのです。


......soraiでは、お客様の"暮らしに寄り添う家"をご提案しています。
あたたかみのある木や自然素材を中心に、ご希望に合わせた仕様と設計が可能です。
どうぞ、お気軽にご相談ください。