コラム

眺めのよい窓

mado1.jpg


誰かの家に招かれたとき、その人らしいインテリアや
手入れの行き届いた様子に、感心することも多いのですが、
ふと目を向けた窓からの眺めに、心を動かされることがあります。

家にいるとき、どんなものを眺めていますか。
キッチンで家事をしているときは、調理台の上の食材や道具を、
掃除や洗濯をしているときは、部屋のなかのものに集中しています。

食事をしているときは、おいしい料理や一緒にいる家族を、
そして会話をしているときは、もちろん相手の顔ですよね。
最近では、スマホやパソコン、テレビを眺めている時間も多いかもしれません。

そんなふうに、目はいつも何かに集中していて、
人は、見ているものを認識するのに一生懸命ですが、
その緊張状態を解いてくれるのが、窓からの眺めのように思います。

料理をしているとき、ちょっと手を休めて顔をあげ、
窓の外を眺めると、緑の植物や風景に、ほっと癒されます。

朝、忙しい洗濯や掃除を終わらせたあと、
窓から遠くの景色を眺めると、落ち着いた気持ちになって、
今日も一日、がんばろうと思えるのは、私だけでしょうか。

amenoniwa1.jpg

借景という言葉は、もともと庭園に使われたもので、
庭の外にある山や木々を、庭の一部として取り込みながら、
造園することをいいます。

家づくりにおいても、窓の外の借景を考えることで、
暮らしに、うるおいが生まれるかもしれません。
"この眺めを、室内に取り入れたい"
そんな景色があったら、相談してみてください。

リビングに座って、好きな風景をゆっくり眺めるのもいいですが、
階段の踊り場などに、額縁のように窓を入れて、
好きな景色を切り取って眺めるのも、素敵です。

家に囲まれた住宅地で、遠景が望めなくても、
窓の外に庭を配置し、植物を植えれば、眺めのよい窓がうまれます。
狭い土地なら、中庭や坪庭にするのもいいでしょう。
きっとそこが、季節を感じられる空間になります。

窓には、採光や通風といった大切な機能がありますが、
"外を眺められる"ことも、暮らしにとっては大きな役割。
眺めのよい窓がひとつあると、きっと生活が豊かになります。


......soraiでは、お客様の"暮らしに寄り添う家"をご提案しています。
あたたかみのある木や自然素材を中心に、ご希望に合わせた仕様と設計が可能です。
どうぞ、お気軽にご相談ください。