コラム

桃の里から

momo.jpg


みずみずしい果汁と、甘い香りがたっぷりの桃。
色も形も可愛くて、眺めていると笑顔になります。
梅雨も半ばになり、今年もまた、桃の季節がやってきました。

香川県は四国一の桃の産地。
近所の桃畑でも収穫が始まり、産直市や選果場は、
桃を積んだトラックや、桃を買うお客さんたちで大賑わいです。

子どもの頃は、身近な果物だと思っていた桃が、
じつは高級品だと知ったのは、県外に出てから。
水分が多くて甘い果実は、傷みやすく、日持ちしないので、
産地から遠く離れると、貴重な高級フルーツになるのです。

桃のおいしさを味わうなら、やっぱり生でそのまま食べるのがいちばん。
熟してやわらかくなり、皮をむくそばから、
果汁がぽたぽた落ちるようなジューシーな桃は、甘さもたっぷりです。


品種の違いなのか、収穫時期のせいなのかは、わかりませんが、
身がかたくしまっていて、シャキッとした甘さの桃もあり、
さわやかで歯ごたえのあるところが、新鮮でおいしく感じます。

大人になってから、果肉の色が、品種によって異なるのを知りました。
真っ白な果肉は「白鳳」系、ピンク色の果肉は「あかつき」。
ゼリーやシャーベットにすると、果肉の色の違いも楽しめます。

今年は、出始めの頃、黄色っぽい果肉の桃も発見。
数の少ない品種に出会えるのも、産地のそばにいればこそですね。

momohatake.jpg

桃の産地にいてうれしいのは、春になると、
あたり一面が、ピンクの桃の花で染まることです。
田んぼのそばでも、小高い丘の上でも、桃の花が咲いて、
"桃源郷"という言葉を思い出します。

中国の詩人、陶淵明がつくった物語では、
"桃源郷"は、桃林の奥にある村里で、
戦乱を避けた人々の子孫が、俗世間を離れて、
平和を楽しみながら、暮らしていたといいます。

誰もその場所を知らず、行こうとしても行けないけれど、
運よく、そこに巡り合える人がいるのだとか。

桃源郷は、理想郷とか仙人が住む場所などといわれますが、
人々がこうありたいと願う、心穏やかな暮らしが、
きっとそこでは、営まれているのでしょう。

中国では、桃は特別な果物とされてきたそうです。
そういえば日本でも、古事記のなかで、
桃は大きな役割を果たしていますね。

古代の桃は、おいしいものではなかったようですが、
突然変異や品種改良を経た、現代の桃は、
甘くて、たっぷりの果汁があり、果肉はとろけるようです。

梅雨から夏にかけての、一時期だけ味わえる桃。
そのおいしさを、ぜひ味わってください。


......soraiでは、お客様の"暮らしに寄り添う家"をご提案しています。
あたたかみのある木や自然素材を中心に、ご希望に合わせた仕様と設計が可能です。
どうぞ、お気軽にご相談ください。