コラム

海の香り、水の菓子

kanntenn.jpg

穏やかな波間に、たくさんの島々が浮かぶ、瀬戸内海。
香川に住んでいると、おなじみの風景ですが、
夕暮れ時は、美しい色に心打たれることがあります。
淡い黄色の砂浜も、やさしい色でほっとしますね。

静かな波打ち際を歩いていると、赤や緑の海藻が波に洗われて、
きらきら輝いているのを、よく見かけます。
なかにはきっと、食べられる海藻もあることでしょう。

トコロテンや寒天の原料になるテングサも、海藻です。
ある日、友人が、漁師さんからたくさんもらったので...と、
乾燥テングサを、おすそ分けしてくれました。

初めて見る乾燥テングサは、驚くほど美しい色!
淡いベージュのなかに、ところどころ紅色が混じっています。
何度も洗っては、天日で干すことを繰り返すうち、
太陽の光で色が抜けて、こんなきれいな色になるんですね。

乾燥テングサは、一晩、たっぷりの水につけておいて、
強火でしばらく煮立て、濾した液体を置いておくと、
ぷるぷるっとした、やわらかな固体になります。

ゼラチンと違って、常温で固まるのが特徴。
古来より、凝固剤として使われていたそうで、
海藻にこんな力があるなんて、不思議な気がします。

これを、トコロテン突きで突いて、細長くしたのがトコロテン。
和菓子などの原料になる乾燥寒天は、
適当な大きさに切り、凍らせてから乾燥させたものです。

tenngusa.jpg

テングサの煮汁を固めたものは、ほのかに潮の香りがします。
香川では、トコロテンは酢醤油で食べるのが一般的ですが、
四角く切って、黒蜜やメープルシロップをかけると、甘いデザートに。

ほの甘いシロップと、冷たくてつるんとしたテングサの寒天。
甘さのなかに、潮の香りが混じり合うのは、
意外な組み合わせですが、クセになるおいしさです。

もしも、テングサの寒天が余ってしまったら、
小鍋に砂糖と一緒に入れて煮溶かし、
オレンジジュースや牛乳を加えて固めると、
きれいな色の寒天ができます。

潮の香りは消えてしまいますが、
子どもには、こちらのほうが喜ばれるかもしれません。
「このデザートは、海藻からつくったのよ」
といったら、どんな顔をするでしょうか。

実際に、乾燥テングサからつくるところを見れば、
きっと目を輝かせて、見入ることでしょう。
自然の不思議は、いろんなところにありますね。

まだ暑さの残る、秋の初めの9月。
テングサをゆっくり煮て、寒天をつくります。
目を閉じて、海の香りのお菓子を口にすると、
夏の思い出が、まぶたに浮かぶようです。


......soraiでは、お客様の"暮らしに寄り添う家"をご提案しています。
あたたかみのある木や自然素材を中心に、ご希望に合わせた仕様と設計が可能です。
どうぞ、お気軽にご相談ください。