コラム

魅惑のチョコレート

HPチョコレート.jpg

この冬は、久しぶりの厳しい寒さが続いています。
雪がちらついて、しんしんと冷える日は、
熱いホット・チョコレートでも飲んで、暖まりたいですね。

気温の低い冬は、チョコレートの季節。
お菓子売り場にも、たくさん新製品が出ますが、
バレンタインデー向けの特設売り場に行くと、
宝石のように美しいチョコレートが、並んでいます。

最近は、プレゼント用だけでなく、
自分で食べるために、購入する人も多いのだとか。
この時期にしか買えない、特別なものもあるので、
チョコレート好きなら、ぜひ味わってみたいと思うことでしょう。

チョコレートの原料となるカカオは、中南米の熱帯地方が原産。
写真で見るカカオの木には、枝だけでなく、
幹からも、実がにょきっと出ていて、不思議な光景です。

HPカカオとチョコ.jpg


カカオ豆は、このカカオの実のなかの種子を取り出し、
1週間ほどかけて発酵させ、天日で乾燥してから、
袋詰めにし、出荷したもの。

そのカカオ豆をチョコレートにするには、さらに、
砕いて、炒って、すりつぶして、いったん脂肪分を取り除き、
砂糖やミルクを加えて、また脂肪分を戻し、
もっと細かくすって、練って、温度を調整して...と、
気の遠くなるほど、たくさんの作業が行われています。

板チョコ1枚にも、これだけの手間がかけられていると思うと、
もっと大切に食べたくなりますね。

考えてみると、身の回りにあるいろんなものも、
見えないところで、たくさんの人の手がかかっています。

家づくりも、そう。
木を刻んで、組んで、立ち上げて...という作業をする大工さん。
壁をつくる左官さん、建具をつくる建具職人さん。
塗装を施す塗装屋さん、屋根を葺く職人さん。
それから、それから...。

木材ひとつにしても、木を柱や板に挽いた人、
その木を山から伐り出した人、運んだ人、
山に苗木を植えた人、育てた人と、
数えきれないほどの人が、関わっているのです。

毎日の暮らしで触れるものが、
そうやって、たくさんの人に手間をかけてもらい、
いまここにあるのだと思うと、
しみじみとありがたく、心が温まる気がします。

外に出るには寒すぎて、家で過ごす休日には、
甘いチョコレートでも食べながら、
そんなことにも、思いをはせてみませんか。


......soraiでは、お客様の"暮らしに寄り添う家"をご提案しています。
あたたかみのある木や自然素材を中心に、ご希望に合わせた仕様と設計が可能です。
どうぞ、お気軽にご相談ください。