コラム

ブルーベリーと絵本

sc1806絵本.jpg


晴れの日が恋しくなる、梅雨のころ、
庭のブルーベリーの実が、
少しずつ色づき始めます。

雨の晴れ間に、紫色に熟した実を見つけたら、
一粒ずつ、落とさないように摘み、
ステンレスのボウルに放り込むと...コロン!
とても気持ちのいい音がします。

コロン、カラン、コロン!
ブルーベリーの収穫に、カゴや袋でなく、
金属製のボウルを使うようになったのは、
一冊の本がきっかけでした。

アラスカの雄大な自然と、そこに暮らす生き物を、
やさしいまなざしで見つめ、
数々の美しい写真を残した、星野道夫さん。

彼のエッセイ『旅をする木』のなかに、
ブルーベリー摘みに出かけた親子と、
クマの親子が入れ違ってしまう絵本、
『サリーのこけももつみ』が出てくるのです。

作者は、アメリカのロバート・マックロスキー。
原作は1948年の出版です。
お話は、ある日、親子がブリキのバケツを持って、
山にブルーベリー摘みに出かけるところから始まります。

小さな女の子、サリーが、小さなブリキのバケツに
摘んだブルーベリーを放り込むと、
kuplink,kuplunk,kuplunk!
と音がします。

この擬音語の繰り返しが面白くて、
実際は、いったいどんな音がするのだろうと、
ある年、ブルーベリーが実るのを待って、
ステンレスのボウルに放り込んでみたのでした。

sc1806ブルーベリーの木.jpg


すると...コロン! カラン!
ベリー類は、やわらかいと思っていたのに、硬くて高い音。
まさに、kuplink,kuplunk,kuplunk! というような音です。

絵本の日本語訳は、石井桃子さん。
彼女の訳は、「ポリン、ポロン、ポルン」と、とっても楽しそう。

絵本の題が、「こけもも」になっているのは、
翻訳本が出版された1970年代当時、日本では、
ブルーベリーという名前が、知られていなかったからでしょう。

北米原産で、涼しい気候が好きなブルーベリー。
品種改良が進み、いまでは暖かな香川でも育ちます。

サリーが摘んだ、野生のブルーベリーとは違いますが、
カラン、コロン!とボウルに放り込んでいると、
遠い国の、遠い時代の人々も、
こんな風に、ブルーベリーを摘み、
つまみ食いをしたり、ジャムを作ったりして、
楽しく過ごしたんだなあと思います。

今日の収穫は、ほんの20粒程度。
そのまま、ヨーグルトに入れて食べましょうか、
それともジャムづくり用に、
冷凍して、ストックしておきましょうか...。


......soraiでは、お客様の"暮らしに寄り添う家"をご提案しています。
あたたかみのある木や自然素材を中心に、ご希望に合わせた仕様と設計が可能です。
どうぞ、お気軽にご相談ください。