コラム

菜園生活

sc1807菜園ズッキーニ.jpg


真っ赤に熟れたトマト、みずみずしいキュウリ、
つややかな紫色のナス...。
夏の野菜は、とってもカラフルです。

庭やベランダで、プチトマトなど、
好きな野菜を、育てている方も、
いるのではないでしょうか。

ふだん何気なく、食べている野菜も、
育ててみると、いろんな発見があります。

「トマトって、最初はこんなに緑色なんだ!」
「キュウリは、小さくてもキュウリの形なんだなあ」
「ズッキーニって、こんな風に実がなるの!?」
などなど...。

農家の方が、経験と技術を結集させて作る、
甘くて濃厚なフルーツトマトには、およびませんが、
とれたての新鮮なおいしさは、自家菜園ならでは。

何より、植物が成長して実をつける、
その過程を、つぶさに見られることが、楽しみですね。

sc1807菜園カエル.jpg


初めのうちは、少ししか収穫できなくても、
味がそれほどよくなくても、
野菜がとれるだけで、うれしいものです。

けれど、植物に元気がなかったり、
実のつき方が、極端に悪かったりすると、
いろいろと考え、工夫をしたくなります。

最近は、「コンパニオンプランツ」という言葉を、
よく見かけるようになりました。

異なる種類の野菜やハーブを、
上手に組み合わせて、植えることで、
病害虫を防ぎ、成長をよくするというもの。

たとえば、トマトの間にバジルを植えると、
バジルの香りが、害虫をよせつけないそう。

トマトとバジルは、サラダにも使う組み合わせ。
そのふたつが、同時に育てられて、
しかも、害虫除けになるなんて、すばらしいですね。

ほかにも、ピーマンやナスの株元近くに、
ラッカセイを植えると、畝を覆って、
土の乾燥を防ぎ、養分を増やしてくれるなど、
いろんな組み合わせが、考えられています。

家庭菜園用に借りている、小さな畑でも、
さっそく、パプリカの苗を植える際、
ラッカセイの種をまいてみました。

クローバーのような、可愛い葉っぱが出てきて、
パプリカのそばで、すくすくと育っています。

今年の夏は、ラッカセイが、
暑い日の水やりを、少し助けてくれるでしょうか。
どんな風に育つのか、いまから楽しみです。


......soraiでは、お客様の"暮らしに寄り添う家"をご提案しています。
あたたかみのある木や自然素材を中心に、ご希望に合わせた仕様と設計が可能です。
どうぞ、お気軽にご相談ください。