コラム

家とキッチン

201812家とキッチン写真.jpg


家の中で、いちばん家族が集まる場所。
それはきっと、食卓ではないでしょうか。

今日一日の出来事を、おしゃべりしながら
にぎやかに食べる、夕食の時間。

学校や仕事に出かける前の、
あわただしい朝でも、
朝食をとるために、食卓につきます。

休日を家で過ごす日は、
いつもよりゆっくり、食事をしたり、
コーヒーやお茶を飲んだり...。

食べることと、休むこと。
それが、心地よくできることが、
家にとって、大切なことのように思います。

そう考えると、家の中心は、
食卓のあるダイニングとキッチン周辺、
といえるかもしれません。


現代の家では、キッチンとダイニング、リビングを、
ひとつづきにするのが、一般的です。

キッチンで料理をしている人が、
食卓やリビングにいる人と、会話でき、
おたがいに、相手の様子がわかるのは、
ひとつづきの空間ならでは。

小さな子どものいる家庭なら、
家事をしているときも、目が届くので、
安心していられます。

大きくなった子どもがいる家庭でも、
ふたり暮らしでも、
家に帰って過ごす場所が、キッチンと近ければ、
いっしょに料理もしやすく、
会話も、自然と多くなりますね。

友人や知人が訪ねてきたときも、
相手を待たせることなく、
お茶をいれながら、話ができるから、
あわてなくても、大丈夫。

食べ物がある場所は、人の集まる場所。
家族や訪ねてきた人が、くつろげる、
そして自分も、ほっとできる空間を、
つくっていきたいものです。

soraiでは、2018年12月24日まで、高松市の「かがわ家博」にて、
モデルハウス見学会を実施しております。

キッチンからリビングまで、ひとつづきの開放的な空間や、
ゆったりとしたバス&ランドリー・ルーム、パントリーなどを、
あたたかみのある木をふんだんに使いながら、実現しています。
この機会にぜひ、soraiの家をご覧ください。

見学会のお問い合わせ・ご予約は、087-866-2280まで。