コラム

忘れな草

1905ワスレナグサ.jpg

サクラソウ、チューリップ、スイートピー...。
春の花が、つぎつぎと咲き進み、
新緑の美しい季節になりました。

庭では、遅咲きのチューリップの下で、
忘れな草(ワスレナグサ)が、
青い小花を、たくさん咲かせています。

この花のタネを、庭に蒔いたのは、
10年以上も前のこと。
それから毎年、こぼれダネで増え、
春の庭を、彩ってくれます。

忘れな草の英名は、
Forget-me-not.
"私を忘れないで"、という意味。

小さな青い花を眺めながら、
その言葉を思うと、
なんだかちょっぴり、さびしいような、
せつないような気がします。

1905ラズベリータルト.jpg


忘れな草のことを、知ったのは、
まだ幼い、小学一年生の時でした。

偶然手に入れた、忘れな草のタネ。
花言葉が、「私を忘れないでください」だと知り、
引っ越していくクラスメートに、渡したのを覚えています。

そのころは、忘れな草が
どんな花なのかも、知りませんでした。

大人になってから、育ててみると、
想像していたより、ずっと小さな花にびっくり。

米粒ほどのブルーの花が、
いくつも集まって咲く様子は、
夜空にまたたく、星のよう。
控えめながら、静かな美しさがあります。

Forget-me-not.
私を忘れないで。

そんな言葉を、誰かに伝えるのは、
もう二度と会えない、と思うからでしょうか。
それとも、またいつか会える、と思うからでしょうか。

庭に咲く、忘れな草の青い花。
来年もまた、美しい花を咲かせてくれるよう、
タネが実るのを、待ちましょう。


...soraiでは、お客様の"暮らしに寄り添う家"をご提案しています。
あたたかみのある木や自然素材を中心に、ご希望に合わせた仕様と設計が可能です。
どうぞ、お気軽にご相談ください。