コラム

木と土のぬくもり

1910木と土のぬくもり家.jpg


日本の住まいは、木と土でできている、
という話を聞いたのは、いつだったでしょうか。
その単純明快さに驚き、感心したものでした。

伝統的な日本の住まいは、
骨組みをつくる木と、土を塗った壁を基本に、
床や天井、建具にも木が使われます。

屋根の瓦も、土からつくられていますし、
障子や襖に使われる和紙も、
コウゾという木から、つくられたもの。

室内に置く家具も、もちろん木です。
食事に使う箸も木、器も木や陶器ですから、
かつては、目に映るものほとんどが、
木と土でできていた、といっても、
過言ではないかもしれません。

そういった、古くからの暮らしの記憶が、
私たちのDNAに、刻まれているのでしょうか。
身の回りに、木や土でできたものがあると、
ほっとするという人が、多いように思います。

1910土壁.jpg

家のなかでも、木材が随所にあると、
あたたかみが感じられますよね。
柱や梁が見えるつくりなら、
木の力強さを感じ、安心感にもつながります。

作り付けの家具や建具も、木製にすると、
自然の木目とやわらかな色合いが、目にやさしく、
くつろげる空間が、生まれます。

土の左官壁は、色も質感も自由自在。
漆喰壁なら、白色と平滑な面で端正な印象に。
やさしい雰囲気の珪藻土や色土壁のほか、
好みの色土に石を混ぜて、力強くもできます。

木や土でできた住まいに、あたたかみがあるのは、
自然の素材を使っていることにくわえて、
職人さんによる手仕事があるからでしょう。

人の手によってつくられた、木と土の住まいには、
完成したときから、ぬくもりがあるように思います。
そこに暮らす人の間にも、やさしいぬくもりがありますように。


...soraiでは、お客様の"暮らしに寄り添う家"をご提案しています。
あたたかみのある木や自然素材を中心に、ご希望に合わせた仕様と設計が可能です。
どうぞ、お気軽にご相談ください。