コラム

寒い日のスープ

サイズ変更済1912寒い日のスープ2.jpg

朝晩は、ぐんと冷え込むようになり、
ときどき、北からの風も吹き始めました。
もうすっかり、冬ですね。

寒くなってくると、あつあつの食べ物で、
体をあたためたくなります。

アーノルド・ローベルの子供向けの本、
『ふくろうくん』には、
冬の寒い日に、暖炉の前にすわって、
「おまめの はいった あつい スープ」を飲む、
主人公ふくろうの姿が、描かれています。

なんということもない、日々の出来事も、
ふくろうの想像力にかかると、
びっくりするような、大事件へと変化。

この日も、静かに夕食をとっていたのに、
ふとしたことから、熱いスープが
「こちんこちんの みどりのこおり」になる羽目に。
緑色なら、エンドウ豆のスープでしょうか。

サイズ変更済1912冬アセビ.jpg

冬のあたたかな料理といえば、
鍋、シチュー、おでん...。
どれも大きな鍋に、野菜や肉、魚を入れて、
コトコト煮込むものが、多いように思います。

かつては、暖炉や囲炉裏、ストーブなど、
部屋の中で、火を燃やして、
暖をとる生活だったからでしょう。

具の入った鍋を、火にかけておけば、
あとはコトコト、時間が調理してくれます。
煮込むほど、味のしみていく、おでん。
何時間も煮ることで、やわらかくなる肉のシチュー...。

現代のキッチンでは、電気で熱する
IHコンロが主流になりましたが、
冬になると、あたたかな鍋料理を、
恋しく思うことに、変わりはありません。

冷蔵庫で、塩漬けにしていた豚肉で、
肉と野菜たっぷりの、スープをつくりましょう。
塩漬け肉は、煮込むとホロホロと崩れるくらい、
やわらかくなります。

外は凍えるほど、寒い日でも、
あたたかなスープがあると、
心まで、ほっこりあたたまる気がしますね。

大切な友だちや家族と、いっしょに、
あたたかい料理を囲めば、
笑顔あふれる、ひとときが生まれます。


...soraiでは、お客様の"暮らしに寄り添う家"をご提案しています。
あたたかみのある木や自然素材を中心に、ご希望に合わせた仕様と設計が可能です。
どうぞ、お気軽にご相談ください。