コラム

お正月と松

2001お正月と松サイズ変更済.jpg

新しい年が、始まりましたね。
お正月は、どのように過ごされたでしょうか。
昨日も、今日も、同じ一日なのに、
元旦はやはり、とくべつな日のように感じます。

登ってくる太陽も、
しんと冷えた空気や、凍えそうな木々も、
すべてが、光り輝いているように見えます。

未来への希望が、きっと、
新しい年を祝う、気持ちを起こさせ、
いろんなものを、美しく見せるのでしょう。

お正月期間のことを、松の内と呼びます。
日本のお正月に、松はつきもの。
生け花や、神棚に供える榊にも、
松を挿しているのを、見かけます。

以前はわが家でも、玄関前に、
小さな手作りの門松を、置いたものでした。

最近は、門松を置く家は、あまり見かけませんが、
栗林公園では、毎年、松竹梅を配した
りっぱな門松を作成し、門の左右に飾っています。

2001松サイズ変更済.jpg

松は、年中、美しい緑を保ち、風雪にも耐えるせいか、
古くから、神聖な木、長寿を表す木として、
尊ばれてきたそうです。

松(まつ)という言葉は、
神がその木に、天降ることを待つ(まつ)、
という意味から...という説もあるとか。

細くてまっすぐな、針のような葉は、
つややかな緑色で、とてもしなやか。
ちぎってみると、すがすがしい、松葉の香りがします。

新しい年を迎えるにあたって、
この常緑の木の、美しい枝葉を飾るのは、
もっともで、素敵な習わしだと思います。

門松を置くのは、ちょっと大変ですが、
お正月用のリースやスワッグに、
緑の松葉を、加えてみましょう。

秋に剪定したばかりの、庭の松の木からは、
あまり大きな枝は、とれませんが、
少し添えるくらいなら、大丈夫そう。

さわやかな松葉の香りと、
いきいきとした、美しい緑色が、
新しい年を、祝福しているかのようです。


...soraiでは、お客様の"暮らしに寄り添う家"をご提案しています。
あたたかみのある木や自然素材を中心に、ご希望に合わせた仕様と設計が可能です。
どうぞ、お気軽にご相談ください。