コラム

春を告げる花


2002サクラソウ.jpg

春の訪れを知るのは、何によってでしょうか。
人それぞれ、異なると思いますが、
私にとっては、早咲きの花々がそうです。

ふくらんだ木々の芽や、あたたかな風も、
春が近いことを教えてくれます。
けれど、ぱっと開いた花を見ると、
その力強さに、"春が来た!"と実感するのです。

毎年、いちばんに咲くのは、
エキゾチックな香りの沈丁花。
つづいて、サクランボの花が開きます。

地面では、ニオイスミレが、
まだ寒いうちから、濃い紫の花を咲かせますが、
ここ数年のお気に入りは、サクラソウ。

こぼれダネから生えた小苗を、
庭のあちこちに、植えていたら、
どんどん増えて、初春から咲くようになりました。

ピンクや白の小さな小花を、輪状につけ、
つぎつぎと咲きながら、大きくなっていきます。
若草色のやわらかな葉も、やさしい印象。

太陽の光を、いっぱいに浴びて、
花を咲かせる様子には、
春の喜びが、満ちあふれているかのようです。

2002キクザキイチゲ.jpg

春を告げる花のことを、植物の世界では、
スプリング・エフェメラルと、呼ぶそうです。

落葉樹林の地面で、太陽の光が降り注ぐ初春に、
花を咲かせる、カタクリやキクザキイチゲ。
夏には、日陰になるので、もう花は咲きません。
葉っぱを茂らせて枯れ、来春を待ちます。

ほんのいっときしか、花を咲かせないので、
「はかないもの」という名前が、ついたのでしょう。

庭の花でも、アネモネやヒヤシンスなどの球根花は、
花が咲いている期間も、葉っぱが茂る期間も、
とても短くて、はかない感じがしますね。

それにくらべると、サクラソウは、
ずいぶんと長い期間、花を咲かせます。
かれんな花姿ですが、意外と強いのかもしれません。

こぼれダネで増えたサクラソウは、
いつのまにか、交雑が進んで、
ピンクと白だけでなく、うす紫や、濃いピンクの花も、
ちらほら、見かけるようになりました。

庭いっぱいに、花が咲く頃には、
公園のソメイヨシノも、雑木林の山桜も、満開に。
深山の渓流沿いでは、キクザキイチゲが、
淡い紫の花を、そっと咲かせていることでしょう。


...soraiでは、お客様の"暮らしに寄り添う家"をご提案しています。
あたたかみのある木や自然素材を中心に、ご希望に合わせた仕様と設計が可能です。
どうぞ、お気軽にご相談ください。