コラム

あいさつのやりとり

2008あいさつ花2.jpgのサムネイル画像

今年の梅雨は、降りやまないのではないか、
と思うくらい、雨が降り続きました。
日本各地で大雨の被害が発生し、
被災された方々のつらい気持ちを思うと、胸が痛みます。

新型コロナの感染も、まだ収まらず、
誰もが、不自由な生活を送る日々。

そんななかにあって、
ちょっとしたあいさつや、何気ない会話が、
うれしく、心あたたまりますね。

庭の楽しみは、植物を育て眺めること、
と思っていましたが、
人と触れ合えることも、そのひとつだと、
最近、しみじみ思います。

庭に出て、草木の手入れをしたり、
掃除をしたりしていると、
お隣さんも、同じように庭に出ています。

「こんにちは」という、あいさつから始まって、
お天気の話で終わるときもあれば、
咲き始めた花や、虫の話をすることも。

2008あいさつパンケーキ.jpg

いろんな心配事があるなかで、
花の美しさを、いっしょに愛で、
雨上がりの太陽を、ともに喜べるのは、
やはり、いいものです。

塀や生け垣越しの会話は、少し距離があって、
以前はちょっと、よそよそしく感じていました。

いまは、これが"ソーシャル・ディスタンス"となって、
気遣いなく、おしゃべりができます。
かえって、心の距離は近くなったような気も。

同じように、朝のあいさつにも、
以前より、ありがたみを感じるのは、
私だけでしょうか。

「おはようございます」というと、
「おはようございます」「おはよう」と
返ってくるのは、
当たり前かもしれませんが、
うれしいことだなあと、思います。

とくに朝は、新しい一日の始まり。
お互いに、一日がよいものであるように、
笑顔で、あいさつを送りたいですね。


...soraiでは、お客様の"暮らしに寄り添う家"をご提案しています。
あたたかみのある木や自然素材を中心に、ご希望に合わせた仕様と設計が可能です。
どうぞ、お気軽にご相談ください。