ダイアリー

特集記事

平屋のメリット&施工事例写真

かつての日本では、平屋建ての住宅が主流でした。現在は2階建てを中心とし、都市部では3階建ての狭小住宅も少なくありませんが、核家族化や高齢化社会が進む現在、平屋建ての家に再び注目が集まっています。

1.jpg

2.jpg

~平屋を建てる、メリットとデメリットとは?~

平屋住宅に憧れている人は少なくありませんが、メリットもあれば、デメリットもあります。メリットは、マンションのようにワンフロアで完結していること。階段の昇降がなく、バリアフリーを意識して建てれば老後の住まいとしても最適です。また、階段がないということは、デッドスペースが少ないということ。空間を有効に活用できます。
さらに平屋は建物の構造がシンプルになることで、安全性も高まりますし、長期的に考えた時のメンテナンス費用も、2階建て、3階建てに比べると足場代が抑えられるなどのメリットがあります。

3.jpg

4.jpg

デメリットは、広い土地が必要になること。土地価格が高い都市部であるほど、土地の購入費用が重くのしかかってくるでしょう。何とか土地を手に入れても、建築費用も2階建てと比べて割高です。新築費用のうち大きな割合を占める基礎や屋根をつくる費用が、2階建てと比べて多くかかってしまうことを覚えておきましょう。

5.jpg

6.jpg

7.jpg

~まとめ~

「ワンフロアで完結した暮らしを実現したい」と考えている人にとって、平屋建ての家は魅力的ですが土地の取得や建築コストの問題で実現が難しいケースもあるでしょう。しかし、厳密には2階建てでも、間取りの工夫で将来、平屋同様の生活を送ることはできます。これからマイホームを購入する人は、先々のライフスタイルも踏まえながら検討してみることをおすすめします。