コンセプト

空を感じ、日々を過ごす。

『sorai』の「sora=空」は、自然の象徴。
「i=居」は、人間の生活を意味する言葉です。
太陽の光、そよぐ風、めぐる季節…
その中に家があり、家族がいて、くらしが育まれる。
家ですごす日々を、もっと幸せな時間に。
『sorai』という名前には、そんな願いが込められています。

内と外

風景を家の一部として取り込むこと。
家を風景の一部としてとらえること。
家だけでも、風景だけでも生まれない美しさ。
内と外との調和を考えると、もっと心地よい家のかたちが見えてきます。

朝と夜

一日は、家からはじまり、家で暮れていきます。
朝は爽やかな光に見送られ、夜は灯りの温もりに迎えられる。
それぞれの光の中で、別の表情、別の美しさを見せる家。
朝と夜との調和には、活力や安らぎをつくり出す力があります。

子どもと大人

同じ家の中で生活していても、
子どもたちが感じることと、私たち大人が感じることは大きく異なります。
その差を生むのは目線の高さ。
ときには床に腰をおろして、子どもたちの目線で家を見渡して見ましょう。
ふたつの感覚が調和する家は、家族の笑顔を育みます。

ひとりと家族

みんなが集まるリビング、料理を楽しむキッチン、静かにくつろぐ書斎。
家にはさまざまな場所があります。
だんらんの温かさも、日常の使い勝手も、
プライベートなひとときも、すべて大切にしたい要素。ひとりと家族。
それぞれの時間や空間が調和する家には、快適な生活の距離感があります。