コラム

007.雨の音を聞く

sc1607くもの糸の雨粒.jpg

あ、雨が降ってきた...と気がつくのは、
庭木の葉に当たる、雨しずくの音が、
ぱらぱら、ぱらぱらぱら...とし始めたときです。

きっと、お隣のモクレンの木の葉っぱに、雨粒が当たる音なのでしょう。
モクレンの葉は大きくて、厚みがあって、しっかりしていますから。
庭のレモンの葉も硬いので、音を同調させているかもしれません。

やわらかなモミジの葉や、草花に降る雨は、
ほとんど音もたてずに、葉っぱをすべりおりていきます。
そして、屋根の瓦の上に落ちた雨も、
静かに流れ、集まって、さざ波のような水の模様をつくり、
樋へと落ちていくのです。

ガルバリウム鋼板や、スレート系の材で屋根をふいているなら、
屋根に当たる雨音で、雨に気づくかもしれませんね。
車庫の屋根に使われる波板も、パタパタパタ...と雨粒を弾きます。

雨が降り始めると、あちらから、こちらからと音が鳴り出し、
小さな音がいくつも集まり、重なり合って、
やがてその家を包み込む、背景音楽になります。

道路が近ければ、タイヤが水を切る音が聞こえるかもしれません。
公園のそばなら、いつもは聞こえる子供たちの遊び声が、
その日はなく、ひっそりと静かなことでしょう。

sc1607雨の庭アナベル.jpg

雨の日の記憶は、人の心に、深く刻まれるような気がします。
誰かの家を訪ねたとき、雨が降っていたら、
その日のことが、より強く印象に残りませんか。

雨の日のキャンプも、忘れがたいものです。
テントを打つ雨音の激しさに、何度も目を覚まし、
一枚の布が雨を防いでくれることに、感謝しながらも、
ちっぽけな自分と、人間の弱さを、ひしひしと感じます。

家のなかにいても、大雨や暴風雨に見舞われた夜は、
屋根を叩く猛烈な雨の音や、ビュービューと吹き付ける風の音に、
ふだんはあまり意識しない、大自然の脅威を実感します。
広大な大気と、その循環が生み出す力の大きさを、思わずにはいられません。

雨が降ってきたら、ぜひ雨音に耳を澄ませてみてください。
家の周囲を包む、雨の音。
職場の周囲を包む、雨の音。
気がつかないくらい、耳になじんでいるその音を、
いつか懐かしく、思い出す日がくるかもしれません。


...soraiでは、お客様の「暮らしに寄りそう家」を、ご提案しています。
屋根材は、デザイン面だけでなく、生活スタイルに合わせたご希望もお伺いします。
どうぞご相談ください。