コラム

リンゴの季節

201811リンゴ.jpg


山の木々が色づき始める頃、
食料品店には、真っ赤なリンゴがたくさん並びだします。
つがる、秋映、ジョナゴールド、ふじ...。

昔からの、人気品種もあれば、
まだ食べたことのない、新しい品種もあって、
迷いながら選んだり、食べ比べたりするのも楽しいものです。

さわやかな「つがる」や、定番の「ふじ」もいいですが、
濃赤の果皮の「秋映」は、硬い果肉とパンチの効いた甘さで、
一度でとりこになりました。

そんななか、毎年、出てくるのを心待ちにし、
見つけたら、買わずにはいられないリンゴがあります。

アメリカ生まれの古い品種、紅玉(こうぎょく)。
果肉はやわらかめですが、加熱しても崩れにくく、
しっかりとした酸味と香りがあって、
アップルパイやケーキには、最高なのです。

201811リンゴのケーキ庭.jpg

最近のお気に入りは、紅玉リンゴを使った
アップサイドダウンケーキ。
ほろ苦くて甘いカラメルソースと、
甘酸っぱい紅玉リンゴの組み合わせは、絶妙の味わい。

タルト生地の上に、薄切りリンゴとクリーム生地を
流し入れて焼いた、アップルタルトや、
サクサクのパイ生地でリンゴを包んだ、アップルパイも、
紅玉リンゴでつくれば、本当においしくできます。

紅玉リンゴが発見されたのは、
1800年頃のアメリカ、ニューヨーク州だそう。
200年以上も前からある、リンゴなんですね。

ずっと昔の時代に生きていた人と、
同じ味のリンゴを、いまも食べられるなんて、
なんだかとても、うれしい気持ちになります。

アメリカの家庭のお菓子というと、
思い浮かぶのは、アップルパイ。
紅玉リンゴでつくったアップルパイは、
昔の人々が食べていたものと、
近い味がするでしょうか。

キッチンのオーブンからは、
リンゴのケーキの、甘い香りが漂ってきました。
上手に焼けたら、友だちを呼んで、
お茶の時間にしましょう。


...soraiでは、お客様の"暮らしに寄り添う家"をご提案しています。
あたたかみのある木や自然素材を中心に、ご希望に合わせた仕様と設計が可能です。
どうぞ、お気軽にご相談ください。